建物を守る必須工事

太陽に下に立つ数本の風車

マンションで暮らしていると、概ね10〜15年、20〜25年に大規模修繕が必要となります。 これはマンション新築時にデベロッパーが想定したマンション大規模修繕計画にしたがって実施されることが多いでしょう。その計画にしたがって、分譲マンションの入居者は修繕積立金を毎月支払っています。 しかし、当初のマンション大規模修繕計画では最低限しか計画されておらず、さらなる修繕が必要になったり、購入時の修繕積立金を安く見せるために金額を抑えているケースもあります。 そういった場合、実際のマンション大規模修繕時に積み立てていた金額ではまかなえないケースがあり、マンションの入居者に一時金徴収が要求されることがあります。 こういったことを抑えるため、必ず購入前にはマンション修繕計画を細かくチェックし、不明な点は確認しておくことにしましょう。

実際にマンション大規模修繕を行う場合にも注意する点があります。 まず修繕計画にある修繕は、本当に今行う必要があるのか、という項目のチェックを行いましょう。 現状不要と思われるものは先送りにし、今必要なものを優先することで、全体の費用が抑えられるケースもあります。 また、最も重要なのは必ず相見積もりを取ることです。 分譲マンションは何度も購入する人は少ないため、大規模修繕など経験したことがない人が住民のほとんどの割合を占めると思います。 そのため、修繕を行うのが決まった施工会社でなければいけないと思いがちですが、これは通常の仕事と同様、相見積もりを取ってもっともよいと思われる施工会社を選択することが重要です。